プラセンタサプリの選び方@プラセンタの配合量

プラセンタサプリの選び方@プラセンタの配合量

プラセンタサプリの選び方で気になるのが、プラセンタの配合量ということになります。
プラセンタの配合量は多い方がより効果が高いと一般的には言えると思いますが、このプラセンタの配合量にはちょっと気になる点もあります。
それは、配合量は表記の仕方や濃縮具合で変わるものだということです。
私たちは例えばプラセンタ200mg配合と記載されていれば、純粋にそれを信じますし、その数値が購入するときの条件のひとつになるということも言えます。
しかし、実際のサプリメントに含まれている配合量で記載されている場合と、エキスや原料に表記している場合は「え?」というような数字が含まれていることもあるのです。
それが、8,000mgとか10,000mgというようなビックリするような数字となるのです。
例えば、10,000mgのプラセンタ原液を50倍濃縮すると200mgになるのと同じようにどの倍率で濃縮するかによって変わるものなのです。
プラセンタの配合量がこのように分かりにくいということが話を難しくしているのですが、現在この件について細かな規制というものがないことが問題なのです。
しかし、問題になることが多くなっているので、今後は何らかの規制が出てくる可能性はあるでしょう。